Home / 展覧会
千利休をめぐる茶書の歴史(次回予告)

2022年春季企画展
千利休生誕500年

千利休をめぐる茶書の歴史

―築き上げられた茶聖像―

2022年4月1日(金)~7月15日(金)

休館日/土曜(但し第四土曜4/23、5/28、6/25は開館)、日曜、祝日
開館時間/午前10時〜午後4時30分(入館は4時まで)
入館料/300円 *障碍者・高齢者・学生および再来館等割引あり
会場/齋田記念館 展示室

千利休生誕500年を迎える2022年。
“わび茶”の大成者とされる千利休をめぐる茶書
(茶の湯にまつわる書物)の歴史をご紹介します。
今私たちがイメージする茶聖としての利休像は、
多分に利休顕彰の思いを抱いた後世の人々によって
築き上げられたものです。
館蔵の茶書を通して、千利休の実像と虚像に迫りながら、
その歴史をたどります。

千利休をめぐる茶書の歴史(次回予告)

利休の愛弟子 山上宗二 著

『山上宗二記』(高野山安養院宛本) 

 やまのうえのそうじき  こうやさんあんよういんあてぼん

天正16年(1588)奥書  
写本・1巻  
齋田記念館蔵
千利休をめぐる茶書の歴史(次回予告)

大壺 銘 「時雨」 

おおつぼ めい  しぐれ  

西本願寺伝来  

齋田記念館蔵
千利休をめぐる茶書の歴史(次回予告)

松屋久重 編 

『茶道四祖伝書』より「利休居士伝書」 

一帙四冊・刊本のうち
秋豊園 昭和8年(1933)刊行
齋田記念館蔵
千利休をめぐる茶書の歴史(次回予告)

遠藤元閑 著 

『茶之湯六宗匠伝記』   

  ちゃのゆろくそうしょうでんき

版本・三冊  
寛保2年(1742)刊   
齋田記念館蔵

pageTop