Home / 展覧会
茶書にみる松平不味の茶の湯

齋田記念館 開館20周年 秋季企画展 
松平不昧公 没後200年

茶書にみる松平不昧の茶の湯

[特別出品]不昧公ゆかりの麻布・天真寺の釜と禅板

2018年9月18日(火)~12月22日(土)    

前期:9月18日(火)~11月2日(金)
後期:11月5日(月)~12月22日(土)
*天真寺蔵の釜と禅板は、前期のみの出品となります。
 齋田記念館の母体である齋田家は、江戸後期から代田村の名主をつとめ、明治期には、この地に広大な茶園を造営して製茶業で栄え、その茶は国内外の博覧会で受賞を果たすなど高い評価を受けました。このように、茶との関わりが深い齋田家は、我が国の茶文化の振興に寄与することを願って、平成6年(1994)に齋田茶文化振興財団を設立、平成9年(1997)に齋田記念館を開館し、お陰様で本年開館20周年を迎えることができました。
 この度は、20周年記念展の第2弾として、当館のコレクションの核である“茶書(茶の湯に関わる文献資料)”より、本年、没後200年を迎えた大名茶人、出雲国(今の島根県)松江藩主の松平不昧公(1751~1818)の茶の湯をテーマに企画展を開催いたします。当館所蔵の不昧公ゆかりの茶書や書画、茶臼などに加えて、本展の前期には、不昧公が参禅した麻布・天真寺の大巓和尚との親交を物語る釜と禅板を特別出品し、不昧公の茶の湯と人々との交流を読み解きます。また、当館の誇る茶書の優品、千利休の愛弟子・山上宗二が記した『山上宗二記』(高野山安養院宛本)もあわせて公開し、歴代の茶人が見出した名物道具の価値観の変遷にも迫ります。

pageTop